保険業法

生命保険や自動車保険などの保険用語を集めたサイトで真面目に保険を学べます。

保険業法

の意味を説明しています。
   【保険用語を学ぶ】   
「このサイトの紹介」
  当サイト、「保険用語を学ぶ」は、保険に関する用語、約1000語を解説しているサイトです。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 保険用語は、沢山あるので、全てではないですが、生命保険に関する用語や自動車保険の用語、その他様々な保険用語の意味を
 紹介しています。
 
 保険というと、悪用する人がいたりで、あまり良い印象を持たれない場合もありますが、生活において保険が存在していなければ、
 色々と困ったことが起こるのも事実です。
 結婚、出産など、人生の一大イベントの時には少しは考えなくてはならないことですし、保険について概要だけでも知っておけば、
 後で後悔するような、間違った保険に入ることも少なくなると思います。
 (日本に、最初に保険制度を紹介したのは福沢諭吉といわれています)
 
 自分の勉強の為に作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【保険用語を学ぶ】をご覧の方に、
 少しでもお役に立てれば嬉しいかぎりです。

スポンサードリンク

保険業法

保険業法とは
平成7年6月法律第105号として公布され、翌年4月から施行されました。本法律は、
1、規制緩和・自由化による競争の促進・事業の効率化
2、健全性の維持
3、公正な事業運営を柱とする保険審議会答申(平成4年6月)に基づき、「保険業法(昭和14年法律第41号)」を56年ぶりに全面改正したものであります。
 
これにより、「保険募集の取締に関する法律(昭和23年法律第171号)」、「外国保険事業者に関する法律(昭和24年法律第184号)」は廃止され、これらの法律の規定内容は、全面的な見直しのうえ本法律の規定として一本化されました。
 
保険業の公共性に考慮して、保険業を行う者の業務の健全かつ適切な運営および保険募集の公正を確保することにより、保険契約者等の保護を図り、それをもって国民生活の安定および国民経済の健全な発展に資することを目的とします
 
保険監督法の基本法として、保険会社の監督面では
1、保険業の免許主義
2、認可・届出制による事業監督
3、他業禁止
4、子会社による生損保兼営などが、保険募集の監督面では1、保険募集を行う者の登録制度2、保険仲立人制度3、不公正・不当な募集行為の禁止4、クーリング・オフ制度などが規定されています。旧保険業法からの主たる改正点としては、子会社方式による生・損保の相互参入、保険仲立人制度の導入、ソルベンシー・マージン基準の導入、保険契約者保護基金制度の創設等経営危機対応制度の整備などがあげられます。
スポンサードリンク
身近な保険の種類と概要
●生命保険など体に関する保険
医療保険がん保険個人年金保険(定額型)子供保険終身保険収入保障保険定期付終身保険逓減定期保険(ていげんていきほけん)特定疾病保障保険(3大疾病保障保険)変額終身保険変額年金保険(投資型)
 
●自動車保険など車に関する保険
自損事故保険車両保険人身傷害補償保険対人賠償保険対物賠償保険搭乗者傷害補償保険無保険車傷害保険
 
●不動産など家に関する保険
住宅火災保険住宅総合保険オールリスクタイプ団地保険(マンション保険)店舗総合保険地震保険
 
●国内・海外など旅行に関する保険
国内航空傷害保険国内旅行総合保険国内旅行傷害保険海外旅行傷害保険海外旅行生命保険










 りんく集
 管理人激選の沢山の方々の サイトを紹介
 管理人紹介
 管理人の簡単なプロフィール
Copyright (C)保険用語を学ぶ. All Rights Reserved.