保険法

生命保険や自動車保険などの保険用語を集めたサイトで真面目に保険を学べます。

保険法

の意味を説明しています。
   【保険用語を学ぶ】   
「このサイトの紹介」
  当サイト、「保険用語を学ぶ」は、保険に関する用語、約1000語を解説しているサイトです。
 一番初めの頭文字の「ふり仮名」で五十音での検索が出来るようにしています。例えば、アルファベットで「」はになります。
 保険用語は、沢山あるので、全てではないですが、生命保険に関する用語や自動車保険の用語、その他様々な保険用語の意味を
 紹介しています。
 
 保険というと、悪用する人がいたりで、あまり良い印象を持たれない場合もありますが、生活において保険が存在していなければ、
 色々と困ったことが起こるのも事実です。
 結婚、出産など、人生の一大イベントの時には少しは考えなくてはならないことですし、保険について概要だけでも知っておけば、
 後で後悔するような、間違った保険に入ることも少なくなると思います。
 (日本に、最初に保険制度を紹介したのは福沢諭吉といわれています)
 
 自分の勉強の為に作ったサイトで至らぬ点も多々ありますが、このサイト【保険用語を学ぶ】をご覧の方に、
 少しでもお役に立てれば嬉しいかぎりです。

スポンサードリンク

保険法

保険法とは
最も狭い意味でいわれる場合は、いわゆる保険契約法(商法第3編第10章および第4編第6章における保険についての規定)と同義になるが、逆に最も広義で捉えると保険に関する一切の法規を意味することになります。保険を公的な政策目的を達成するために行われるもの(公保険)と私経済的な視点からの利用に委ねられているもの(私保険)に2大別することができるが、この分類を前提にすると保険に関する一切の法規も公保険に関する法規と私保険に関する法規の2つに大別できます。
 
前者の代表的なものとしては、健康保険法(大正11年、法律第70号)、国民健康保険法(昭和33年、法律第192号)、厚生年金保険法(昭和29年、法律第115号)、国民年金保険法(昭和34年、法律第141号)および労働者災害補償保険法(昭和22年、法律第50号)などのいわゆる社会保険に関する法規、貿易保険法(昭和25年、法律第67号)、中小企業信用保険法(昭和25年、法律第264号)、農業災害補償法(昭和22年、法律第185号)、漁船損害等補償法(昭和27年、法律第28号)および漁業災害補償法(昭和39年、法律第158号)などのいわゆる経済政策保険に関する法規などがあります。
 
このほか、いわゆる社会保険の範疇に入らないが、いわば国民生活保険とでも称すべき分野に関するものとして、自動車損害賠償保障法(昭和30年、法律第97号)、地震保険に関する法律(昭和41年、法律第73号)などがあります。
 
後者の主なものとしては
1、保険契約に関する商法上の規定(上記のいわゆる保険契約法)
2、私保険事業に対する監督・取締の法規たる、ア・保険業法(平成7年、法律第105号)、イ・損害保険料率算出団体に関する法律(昭和23年、法律第193号)
3、私保険事業者たる保険会社の組織に関する法規(保険業法の中に含まれています。なお保険株式会社については商法の株式会社に関する規定の適用がある)
4、国営の生命保険契約・年金契約に関する簡易生命保険法(昭和24年、法律第68号)
5、相互保険組合による私保険に関する船主相互保険組合法(昭和25年、法律第177号)などがあります。
 
また保険法という枠組の下で、上記の諸法規のうち、商法中のいわゆる保険契約法を中心に保険業法をあわせて取扱うという、いわば中間的なカテゴリーのとらえ方もあります。
スポンサードリンク
身近な保険の種類と概要
●生命保険など体に関する保険
医療保険がん保険個人年金保険(定額型)子供保険終身保険収入保障保険定期付終身保険逓減定期保険(ていげんていきほけん)特定疾病保障保険(3大疾病保障保険)変額終身保険変額年金保険(投資型)
 
●自動車保険など車に関する保険
自損事故保険車両保険人身傷害補償保険対人賠償保険対物賠償保険搭乗者傷害補償保険無保険車傷害保険
 
●不動産など家に関する保険
住宅火災保険住宅総合保険オールリスクタイプ団地保険(マンション保険)店舗総合保険地震保険
 
●国内・海外など旅行に関する保険
国内航空傷害保険国内旅行総合保険国内旅行傷害保険海外旅行傷害保険海外旅行生命保険










 りんく集
 管理人激選の沢山の方々の サイトを紹介
 管理人紹介
 管理人の簡単なプロフィール
Copyright (C)保険用語を学ぶ. All Rights Reserved.